2019.06.06 講演会

2019年8月2日(金) 第4回『ふくやま不登校セミナー』を開催します。

わが国の児童生徒数は、少子化という社会問題によって年々減少を続けています。平成18年度の児童生徒数(10,796,723人)と平成28年度の児童生徒数(9,918,796人)を比較してみても、ここ10年間だけで 877,927人という大幅な減少となっています。
しかし、両年度における不登校児童生徒数はそれぞれ 126,894人と133,683人となっており、児童生徒全体数の減少に反して増加しているのが現状です。

また、高等学校における不登校を理由とする長期欠席者数は平成28年度では48,565人で全生徒数の1.5% となります。
(平成28年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」より)

不登校という問題が注目され始めてからかなりの年月が経ち、「学校に行かれない」あるいは「教室に入れない」といった子どもたちの動きは、社会的にも認知が広がり受容的な方向にもあります。また、不登校問題に関する様々な活動も増え、支援のあり方もいろいろと検討されてきました。しかし、不登校生徒の減少には 至っていない現実があります。

私たちは、20年以上にわたり不登校生徒たちと関わってきた経験をもとに、地域の不登校問題の解決に対して少しでもお力になれればという思いから、様々な情報を発信するとともに、子どもたちと関わる方々と共 にこの問題に対して取り組んでまいりたいと考え、本セミナーを開催いたします。

 

第4回テーマ:『発達障がいと不登校』
~ 一緒に考えることの大切さ ~

講 師:永井智樹 先⽣

日 時:2019年 8月 2日(金)19時~20時30分

場 所:まなびの館ローズコム 4階 大会議室(福山市霞町1-10-1)

対 象:どなたでもご参加いただけます。

主 催:東林館⾼等学校

お問合せ:福⼭市光南町1-1-35 TEL.084-923-4543

参加は 無料 です。(予約不要)

 

皆様のご参加をお待ちしております。詳しくは資料をご覧ください。

 

第4回 ふくやま不登校セミナー

 

 

**************************************************

■■■ 東林館高校は、福山市を中心に不登校や発達障害の子ども達を支援している通信制高校です。 ■■■

**************************************************

通信制高校
学校法人喜田学園 東林館高等学校

ページの先頭へ戻る