不登校について

不登校について

NEW 我が子が「不登校」になったら… 家庭での関わり方

子どもの「不登校」について多くの保護者の方が言われます。
「どう関わっていいのか分からないんです…」

 詳しくお話を聴かせて頂くと、子どものためを思い考えられるだけの関わり方や言葉がけを行なってこられた方が多く、その背後には保護者の方の一生懸命さが伝わってきます。けれどもそれだけの働きかけを行なっても保護者の方の願い通りに子どもが登校を再開することは非常に稀で、多くの場合子どもたちは「不登校」を選択していきます。そうして悩み抜かれたその結果として、多くの保護者の方の語られる言葉が「どう関わっていいのか分からないんです…」というものです。

 ここでは東林館が長年の取り組みを通してお勧めしている「ご家庭での関わり方」についてお話させて頂きます。


「保護者の方の気持ちとして」

 子どもが学校を休み始め「不登校」になったとき、家庭での関わり方が最も大切になってきます。「不登校」になった子どもの居場所は家庭に限られることが多く、家族がどのように関わるかということがその後の回復過程に大きな影響を与えます。

 家庭での関わり方として、まずは子どもの「不登校」を受け止めることがとても大切ですが、同時に我が子の「不登校」を受け止める作業がどれほど難しいことかというのは経験された方ならよく分かると思います。

 多くの場合、子どもが学校を休み始めると保護者の方は信じられない気持ちや同時に不安な気持ちを持たれると思います。「不登校」の原因を知ろうとして子どもにいろいろと質問をしたり、助言をすることもあると思います。また、子どもがしんどさを語ったときに、「そんなこと気にしなくていいんだ」というように何とか子どものしんどさを和らげてあげようとすることもあるでしょう。しかしこれらの対応は、子どもの「不登校」に対して保護者の方の不安や戸惑いが大きく、知らず知らずご自身の不安を取り除こうとされているのかもしれません。

 東林館に相談に来られた保護者の方がよく言われるのが「最初は無理やり登校させようとしたんですが…」という意味合いのことです。詳しく聞かせて頂くと、大抵の場合その背景には保護者の方の不安や混乱する心の様子が感じられます。そうやって登校刺激をかけたとしても子どもの抵抗にあったり、周囲の助言を聞いたり、また時間の経過とともに保護者の方の気持ちも落ち着いてきて、最終的には子どもの不登校を受け止めざるを得ない状況になってくることもよくよく聞かせて頂きます。

 我々大人には「学校は行って当たり前」という価値観が根強くあります。ですので「不登校」という言葉に対して否定的な捉え方をしてしまう方が多いのではないかと思います。進むべき道から脱落したとか、道を外れてしまったイメージで捉えてしまう方がほとんどではないかと思います。それが我が子だった場合、自分でも想像してなかったくらいに混乱される保護者の方もおられると思います。また、子どもの不登校がいつまで続くのか分からないという絶望感を抱かれる方もいると思います。

 人間は誰しも自分にとって受け入れがたい出来事が起こると、その事実を受け入れるまでに時間がかかるものです。子どもの「不登校」に対しても保護者の方が事実を受け止めることができるようになるまで時間がかかって当然のことです。

 また、子どもの「不登校」という現実を受け止めていく過程で、保護者の方も気分が落ち込んだり、場合によっては「うつ」的な心の状態になることがあります。保護者の方の話を聞かせて頂くと、「当時、私もしんどくなって…」、「いろんなことが手につかなくなって…」という意味合いのことを語る方もいます。けれどもこのことも決して不思議ではありません。人はショッキングな出来事を受け止めていく過程で「嘘だろう」とか「夢であってほしい」、また、「自分がこうしておけば」などと様々な否定や後悔を試みるものですが、どうしても否定し切れず受け止めざるを得ない段階になってくると、同時に心の状態は沈んでいくものだからです。ですので保護者の方がご自身のしんどさを語られたときに、東林館では決してそのしんどさを否定することはありません。


まずはご相談を

 以上のように家庭での関わり方を中心にいろいろとお話してきましたが、実際に子どもと関わるときにはいろいろと難しい点もあると思います。親子の関係を再構築していこうとしてもなかなかうまくいかないことも出てくると思います。頭では分かっていても、実際に我が子と関わると冷静でいられないときもあるでしょう。ですので、子どもの「不登校」について保護者の方も一人で抱え込まずに、まずはご相談いただき一緒に考えさせて頂けたらと思っています。

ページの先頭へ戻る