東林館高等学校とは

学費について

2020年4月から変わりました!『高等学校等就学支援金制度』

東林館高等学校の授業料負担額の軽減制度が拡充されました!!

私立高校等に通う生徒の「就学支援金」の上限額の引上げなどの制度改正が行われました。

東林館高等学校「通学コース」

※「通学コース」は従来の東林館高等学校(通信制普通科)の内容と福山東林館(サポート校)の内容を一つにまとめたコースです。
※ 福山本校にご入学の生徒のみが対象となります。

「通学コース」授業料 50,000円/月

例:広島県在住で 世帯年収目安 約350万円未満の場合

①東林館高等学校の授業料50,000円(月額)ー②就学支援金 授業料等軽減制度50,000円(月額)=ご家庭の負担額0円

※入学金、施設設備費、教科書代等は納入頂きます。
入学金に関しては、世帯年収に応じて軽減制度があります。詳しくは以下をご覧ください。

東林館高等学校の学費等(通学コース)

必要な経費 金額
入学金

100,000円(入学時)

施設設備費

50,000円(入学時)

授業料

50,000円(月毎)

教育充実費

1,000円(月毎)

入学金(100,000円)に対しての軽減制度
広島県在住で、世帯年収目安 約270万円未満の場合、100,000円全額が支給されます。
広島県在住で、世帯年収目安 約270万円〜約350万円未満の場合、94,350円が支給されます。

○東林館高等学校に途中入学の場合でも授業料については転入学月からは月額50,000円、入学前の月×15,000円の計算で徴収させていただきます。

国と県の学費支援金制度について

生徒の保護者等全員の市町村民税の課税所得額(課税標準額)などにより算出した額の合計額に応じて、次の表のとおり支給(軽減)されます。

(1)高等学校等就学支援金制度(国の制度)

対象となる判定基準※1(市町村民税の課税標準額x6%-市町村民税の調整控除の額)
(保護者等全員の合計額)
支給上限額
(月額)
【参考数値】
世帯年収目安※2
154,500円未満 24,750円 ~約590万円
304,200円未満 9,900円 約590万円
~約910万円
304,200円以上 【対象外】 約910万円~

(2)授業料等軽減補助金制度(県の制度)※3,※4

対象となる判定基準※1(市町村民税の課税標準額x6%-市町村民税の調整控除の額)
(保護者等全員の合計額)
支給上限額
(月額)
【参考数値】
世帯年収目安※2
0円(非課税) 授業料等の全額
(月額5万円上限)
~約270万円
51,300円未満 約270万円
~約350万円
51,300円以上 【対象外】 約350万円~

※1 受給の判定(所得判定基準)について
  政令指定都市の場合は、「調整控除の額」に3/4を乗じて計算します。
※2 世帯年収目安は、保護者のうちどちらか一方が働き、子供が2人いる世帯をモデルとした場合です。
※3 学校の所在する都道府県により制度が異なります。
※4 広島県内に保護者が住所を有する場合に限り適用対象となります。

●詳しくは本校事務局までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る