入学をお考えの皆様へ

入学をお考えの方へ

あなたの“なりたい”を実現できる環境です

東林館高等学校では、生徒の皆さんが高校生活を安心して送っていただける事を第一に考え、癒しと自立のための環境づくりを開校以来一貫して心がけてきました。
そうした環境の中で皆さんの“やりたいこと”を全力でバックアップしていくとともに、確実に3年間で高校を卒業するためのサポート体制も充実しています。

選べる!理想のスクールライフ

東林館でのスクールライフは一人一人異なります。
学力補充を重視したスケジュールにしたい』『コミュニケーション能力を学校生活の中で高めたい』『自分の好きなことが活かせるような進路を目指したい』など、生徒一人一人が、それぞれの目的、希望など様々なケースにあわせてコースを選ぶことで、自分自身にあわせたタイムスケジュールを組むことができます。

心から笑顔になれる学校行事

自然との触れ合い、芸術の奥深さを知り、身体を動かす開放感など、どの行事もあなたが心から笑顔になれる時間を発見するための選択肢。活動を通じてたくさんの経験をして、自分にぴったりの居場所を見つけてください。
※東林館高等学校での活動以外の、各サポート校ごとの活動・イベントについては各サポート校までご確認ください。

学費について

東林館高等学校の学費等

必要な経費 金額
授業料

15,000円(月毎)

入学金

100,000円(入学時)

施設設備費

50,000円(入学時)

○東林館高等学校の授業料は年間18万円を月で割った金額ですので、途中入学の場合でも年間18万円の計算で徴収させていただきます。

※上記の表は東林館高等学校の学費になります。
サポート校の料金が別途必要ですので、各サポート校へお問い合わせください。

※「月々の授業料の一例」

(ただしサポート校の料金は税別)

※高等学校の授業料に関しては、下記の『高等学校等就学支援金制度』の対象となります。

※サポート校で選択するコースにより、料金は異なりますので、詳しくはお問い合わせください。


高等学校等就学支援金制度について

高等学校に在学する生徒のみなさまの授業料について、保護者の収入に応じて、国がその一部を負担し、家庭の教育負担を軽減する制度です。

対 象 者 就学支援金
① 生活保護法により生活保護を受けている場合 授業料のうち月額15,000円
② 保護者の市町村民税所得割・道府県民税所得割額の合算額が
非課税である場合
③ 保護者の市町村民税所得割・道府県民税所得割額の合算額が
85,500円未満の場合
授業料のうち月額15,000円
④ 保護者の市町村民税所得割・道府県民税所得割額の合算額が
257,500円未満の場合
授業料のうち月額14,850円
⑤ 保護者の市町村民税所得割・道府県民税所得割額の合算額が
507,000円未満の場合
授業料のうち月額9,900円
⑥ ①~⑤以外の場合

※就学支援金は、在学する学校の授業料が上限となります。
※就学支援金の対象は、ご家庭の状況によって上記以外の支給額となる場合があります。
 詳しくは本校事務局までご連絡ください。
※就学支援金は本校が代理受領し、授業料に充当する制度となっております。
 よって保護者のみなさまには授業料の額から就学支援金を控除した額を負担していただくことになります。
(就学支援金を直接みなさまにお渡しするものではありません。)
※高等学校等就学支援金制度の支給期間は48か月です。

詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

卒業生VOICE

2011年度 卒業
岡本 一美さん

東林館は私の原点です。
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、本当に心からそう思います。自分一人の力でここまで来れたわけではありません。多くの方々に支えてもらえたので、自分がやりたいと思えることに出会えて本当に感謝しています。東林館で学んだ1番大切なことは、「自分らしくいることの大切さと難しさ」でした。
これから先もきっと楽しいことばかりではないと思います。悩んだときは原点に帰ります。帰ることができます。私にとって東林館はそういう場所です。

ページの先頭へ戻る