知っているようで知らない、
通信制高校と他の高校の違い、
高認試験合格との違いは?

東林館高校は「通信制高校」です。
高校には、全部で通信制、全日制、定時制と
3つの種類の教育課程があります。
通信制高校は、登校回数や教育内容等が
全日制や定時制とは異なりますが、
卒業の際に得られる、「高校卒業資格」は同じものです。

高校の教育課程の種類について

  • 1. 通信制

    私立/在籍年数:3年
    公立/在籍年数:4年

    卒業するために必要な最低限の
    在籍年数は私立と公立で異なります。
    東林館は私立高校なので3年です。

  • 2. 全日制

    在籍年数:3年

    卒業するために必要な最低限の
    在籍年数は「3年」です。

  • 3. 定時制

    在籍年数:4年

    昼間定時制・夜間定時制高校など
    多くの定時制高校では最低限の
    在籍年数が「4年」です。

上記の年数は、それぞれ『前籍校での在籍期間』を含んでの年数になります。
上記のどの教育課程の高校を卒業しても、高校卒業資格は同じです。
卒業後にそのまま大学や専門学校への受験が可能です。
通信制高校の卒業後に進学しなかった場合の最終学歴は、「高校卒業」となります。

高等学校卒業程度認定試験(高認試験、旧大検試験)について

受験できる条件は、
・受験する年度内(受験する年の翌年3月31日)に「満16歳以上」になる人
・高校卒業資格(高卒学歴)を持っていない人 など

(詳しくは文科省のホームページで)

この試験に合格すれば、大学や専門学校への受験資格が得られ、進学が可能です。
ただし、万が一、進学先の大学や専門学校を何らかの事情により、途中で退学をしてしまった場合、
最終学歴は「中学校卒業」になります。

通信制高校の卒業と、高認試験の合格には違いがあります。
ぜひこれらの情報を、進学等の際の参考にしていただければ幸いです。

東林館高等学校について

  • 入学希望者・保護者の皆様へ ごあいさつ
  • 東林館の理念・考え方 建学の精神・教育方針
  • 当校シンボルと校歌のご紹介 校章・校歌
  • 癒しと自立のための環境づくり 学習環境
  • 私たちがサポートします 教職員のご紹介
  • 心から笑顔になれる学校行事 年間行事スケジュール
  • 文化・知識を通じて深まる交流 サークル・講座
  • 当校について各種情報のご案内 学校概要

ページの先頭へ戻る