2018.08.03

2018年7月28日 (土) 東林館高等学校 『保護者学習会』

7月の保護者学習会は、『親子のコミュニケーションの大切さ』と題しまして、喜田紘平理事長がお話をさせていただきました。
当日は台風が接近している状況ではありましたが、14名の保護者の方々が参加してくださいました。

今回の学習会は、良好なコミュニケーションを行う技法について、実際に体験してみる形で行われました。
まず、職員が“楽しかったこと”と“悲しかったこと”について保護者の方々の前でお話しし、話の内容によって職員の様子に違いがあるか観察してもらいました。結果、話の内容によって職員の身振りや姿勢、声のトーンなどが大きく異なるという気付きが得られました。

次に、二人一組のペアになり、先ほど注目してもらった相手の“身振り”にあわせた動きをして話を聞くこと(ミラーリング)や、相手の“声のトーン”や言葉のテンポ”などに同調して話を聞く(ペーシング)などのコミュニケーションの技法を用いて会話を行う機会が設けられました。

これらの技法を“あえて使わないで会話する”という機会もあったのですが、とても話しにくく、思わず笑ってしまう保護者さんもおられました。

実践の中で、保護者の方々の笑顔がたくさん見られたことが印象的でした。

次回の保護者学習会は、9月に開催する予定です。多くの方のご参加をお待ちしております。

20180803a

20180803b

20180803c

**************************************************

■■■ 東林館高校は、福山市を中心に不登校や発達障害の子ども達を支援している通信制高校です。 ■■■

**************************************************

通信制高校
学校法人喜田学園 東林館高等学校

ページの先頭へ戻る