東林館の特徴

教育環境について

三位一体の教育環境

東林館高等学校の特徴は「教育」「心理」「医療」の連携で様々なケースを専門的にサポートしていくこと。
自立した人間へと成長できるよう、心理と医療の立場からも悩みを解決し、生徒と向き合う姿勢を大切にしています。

教 育

東林館高等学校を中心として高等学校卒業を目指すとともに、
認定サポート校が連携し、様々な場面を通じて生徒一人一人の高校生活をサポート

  • 東林館高等学校
    ( 通信制課程 )

    高等学校の卒業

    3年間で高等学校を卒業できます。通信制過程は、レポートと試験、スクーリングを中心に進みます。生徒の状況に応じた授業形態の他、標準的な授業も受講できます。また一般的な「学年制」とは別に、個人のペースに沿った「単位制」の2つの制度を採用しています。入学時期は4月・10月の年2回になります。また転入学や編入学の相談も随時行っています。

  • 認定サポート校

    自立支援サポートシステム

    サポート校では、一人の自立した人間になるための、心の成長を支援しています。
    勉強だけでなく、思いやりを持ち、社会性や生きる力を身に付けるお手伝いをします。

心 理

心理療法家との
連携による高度なケア

「心理」の立場からのサポート

橋本 智恵美
臨床心理士

Profile

杉原心理相談室代表。専門は臨床心理学。心理臨床家として精神科領域の臨床経験を経て、1997年から杉原心理相談室および研究所に勤め現在に至る。
杉原心理相談室 臨床心理士(心理療法家)、日本臨床心理士資格認定協会認定「臨床心理士」、日本心理臨床学会正会員
活動…広島県公立学校 スクールカウンセラー、広島市立看護専門学校講師(臨床心理学)、広島市子育て支援事業 臨床心理士

医 療

医療の立場からの
専門的援助

「医療」の立場からのサポート

河野 政樹 医師

Profile

広島県立障害者療育支援センターわかば療育園園長兼医療科医長、小児科専門医、臨床心理士、一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会理事長、NLP認定マスタープラクティショナー・トレーナー、日本小児心身医学会理事・評議委員・ホームページ委員、中国四国小児心身症学会幹事、広島思春期問題研究会顧問、広島小児科心身医学研究会顧問、広島教育相談研究会顧問、広島不登校研究会顧問、広島神経言語プログラミング臨床応用研究会顧問、メディックスコム代表
所属学会…日本小児科学会・日本小児心身医学会・日本小児神経学会・日本心身医学会・日本児童青年精神医学会・発達障害いろは学習会代表

楽しみながら実りある高校生活を!
研鑽を積んだ経験豊富な教職員が一人一人を支援しています。

サポート校スタッフや教職員は臨床心理士を始めとするカウンセラー資格を持つ者が多く、また、社会福祉士、精神保健福祉士、臨床発達心理士などの資格を有する者もおり、全員が心理学分野での研鑽を積んでいます。また公立中学校や高校などの教育現場を経験してきたスタッフも多く、豊かな知識と経験、受容的なカウンセリングマインドを持って生徒一人一人の支援にあたっています。
楽しみながら実りある高校生活を過ごしましょう!

入学から卒業まで絆を育む環境づくり

学校・生徒・保護者の連携を大切に、安心して高校生活を送ることができる環境づくりに力を入れています。

  • 1. 個別相談(週1回)

    学校での過ごし方やスクーリング、レポートなどの確認、将来の夢や今抱えている悩みなど色々な話ができる時間です。充実した高校生活が送れるよう、担任の先生と一緒に考えていきましょう。

  • 2. 保護者ホットライン

    生徒さんの些細な変化にもすぐに対応できるよう、どんなことでも安心してご相談いただける体制を整えております。ご家庭と学校が手を取り合って、生徒一人一人を大切に見守っていきます。

ページの先頭へ戻る